銀行借り入れキャッシング【新生銀行レイクの審査突破のポイントは?金利以外のメリットも】

新生銀行レイクの審査突破のポイントは?金利以外のメリットも

「レイク」というと、テレビ・ネットでのCMを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

正式名称は「新生銀行カードローン レイク」と言います。

今回は様々なサービスの多さで有名なレイクの利用を考えている方の不安や悩みを解消できるように、

詳しいサービス内容を徹底解説していきます!

 

レイクってどんなカードローン?昔と今では「あること」が大違い!

「新生銀行カードローン レイク(以下レイク)」は、

「新生銀行が展開しているカードローンの商品名がレイク」ということです。

つまり銀行が展開しているサービスになります。

 

レイクは元々消費者金融(アコムやプロミスなどと同じ)でしたが、2011年に新生銀行にレイクそのものを譲渡し、消費者金融カードローンから銀行カードローンに生まれ変わりました。

消費者金融だった時代の利便性や消費者金融ならではのサービスもありながら、銀行であるメリットも兼ね備えているカードローン、レイクの詳細を以下に見ていきましょう!

 

新規申し込み=面接試験?申し込みの3つのコツとは?

面接試験に挑むイメージ

 

まず申し込みする際の条件を表で見てみましょう。

 

《「新生銀行カードローン レイク」の申込条件》

年齢

満20歳以上70歳以下で国内居住であること

(外国人の場合は永住許可があること)

保証

保証会社(新生フィナンシャル(株))の保証を受けられること

収入

原則、安定収入があること

他契約の有無

レイク以外のカードローンの契約がないこと

使い道

原則自由(事業性資金は除く)

職業

パート・アルバイト・派遣でも申込可能

 

まず注目すべき点は、「他契約に関して」という項目です。

「他契約がないことが条件」=「借り換えのための利用はできない」ということになります。

いわゆるおまとめローン目的でレイクは利用はできないので、注意しましょう。

 

次に職業に関して、条件には「原則として安定収入があること」とだけあります。

この「安定」というのが重要です。

例えば「先月の収入は40万円あったけど今月は0円だった」という方より、

「毎月決まって15万円ほど収入があります」という方の方が審査には通りやすいわけです。

つまり金額ではなく安定しているかどうかを基準に判断することになります。

 

では、アルバイト・フリーター・派遣社員などのいわゆる非正規雇用者の方はどう判断されるのでしょうか?

結果からいえば、非正規雇用者の収入がみな「不安定」と判断されるわけではありません。

 

同じアルバイトでも、今月始めたばかりの方と5年以上同じところで働いている方では評価も違うでしょうし、

月収・年収の波がほとんどない方と波が大きな方では評価も違うでしょう。

 

そこで「非正規雇用だけれども自分は安定した収入がある」ということを分かってもらうために、

求められていなくても過去の収入証明を提出してしまう、という方法も有効かと考えられます。

 

「求められていないものを提出」というところで控えめな方(日本人には多いですよね?)は躊躇してしまうでしょうが、

提出して不利になることはほぼ考えられないので、自分に有利になる資料はどんどんアピールに使いましょう!

 

新規で申し込みをするということは、学校や会社などの面接試験と同じで、

自分を査定されること(=自分を知ってもらうこと・自分をアピールすること)なのです。

 

そこで、申し込みにおける3つのコツを以下に紹介します。

 

①ウソは付かない

②だが、不利になることはわざわざ言わなくていい

③有利になることはどんどんアピール

 

たったこれだけで審査結果が大きく変わるかもしれません!

 

少し残念な金利を利便性の高さでカバーしているのが特徴!

 

お金を借りる以上最も気になるのは金利ですよね?

ここでは限度額と一緒に金利について見ていきと思います。

 

《レイクの限度額別金利表(2017年2月8日現在)》

限度額

金利

1〜999,999円

15.0%〜18.0%

1,000,000〜2,000,000円

12.0%〜15.0%

2,000,001〜3,000,000円

9.0%〜15.0%

3,000,001〜4,000,000円

7.0%

4,000,001〜5,000,000円

4.5%

 

比較のために消費者金融である「アコム」と、

大手銀行カードローンの金利も見てみましょう。

 

《アコムの金利表(2017年2月8日現在)》

契約限度額

金利

1万円〜99万円

7.7%〜18.0%

100万円〜300万円

7.7%〜15.0%

301万円〜500万円

4.7%〜7.7%

501万円〜800万円

3.0%〜4.7%

 

基本的に銀行が展開しているカードローンは金利が低めに設定されているのですが、

レイクは消費者金融系のアコムと最高金利が同じです。

レイクとアコムの最高金利は18.0%となります。

レイクは銀行カードローンではありますが金利は消費者金融並みに高いということが分かります。

 

もし「低金利」だけを目安にカードローンを探すのであれば、他のカードローンを選ぶ方がいいかもしれません。

 

しかしレイクは申し込み・借り入れ・返済の多様さ、簡単さなどの高い利便性がポイントです。

 

銀行カードローンなのに消費者金融並の便利さを持ったレイクで借りたいという場合はアリだと言えます。

金利を優先するのか、便利さを優先するのか、それぞれで優先順位は変わるでしょう。

 

限度額については1万円から500万円までとなっています。

1万円から借りられるところは便利ですよね。

 

「最初の1回しか使わないし、数万円だけ借りたいから10万円も必要ない!」

という方にはレイクが適しているでしょう。

 

いざ申し込み!必要なものはたった1つだけ?

本人確認書類のイメージ

 

絶対に必要なものは「本人確認書類(身分証明書)」です。

写真付きで番号が変わることのない運転免許証は身分証明書として最も信頼度が高いので、持っていれば提出すべきですが、

ない場合は、

健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、在留カード、特別永住者証明書

のいずれかを用意しましょう。

 

『確認書類の住所が現住所と違う場合』

または

『自動契約機にて健康保険証を利用する場合』は、

現住所が記載されている下記のいずれかの書類(原本)も必要になります。

・公共料金の領収書(都市ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

どれも発行から半年以内のものを準備しましょう。

 

申し込み方法はなんと5種類!あなたの生活に合わせて選べます。<前編>

申し込み方法の多様さに驚くイメージ

 

レイクでの申し込み方法は5つあります。

ここではそれぞれどんな方法で申し込むのかを詳しく見ていきたいと思います。

 

①パソコンやスマートフォン、レイクのアプリから

レイクの公式ホームページから申し込みます。

必要項目を入力するとすぐに

「融資できるか否か」「限度額はいくらか?」

という仮審査結果が分かります。

 

ただしこのすぐに結果がわかるのは8:10〜21:50(毎月第3日曜は8:10〜19:00 )の間と決まっていて、

時間外に申し込んでしまうと結果がすぐには分かりません。翌営業日にメールでお知らせが届きます。

 

審査に通過したら次は契約になります。レイクのホームページで行うか・自動契約機に出向くかを選べます。

ホームページであれば必要書類(基本的には本人確認書類のみ)をFAXまたは画像ファイルとしてメールで送信します。

自動契約機に出向く場合にはこの本人確認書類を忘れないよう注意しましょう。

 

②携帯電話

申し込み方法が2つあります

1.オンラインでの審査…前述のホームページと同様

2.オペレーター審査…いくつかの項目をホームページで入力した後に電話でやり取り

 

9つの項目を入力して送信するとレイクから電話がきます。質問に答えるとその場で仮審査の結果が分かります。

当日に審査結果を受け取るには9:00〜21:00 に電話が完了していなければいけません。

それ以外だと翌営業日の9:00以降に電話がきます。

その後は前述のホームページと同じ流れで契約が進みます。

 

③自動契約機

ここでは申し込み⇒仮審査⇒契約⇒カード発行を全て済ませることができます。

備え付けの電話もあるので困ったことがあったらオペレーターとお話することもできます。

下記のように営業時間が決まっているので「行ったら閉まっていた!」ということがないよう注意しましょう。

 

《レイクの自動契約機営業時間》

平日・土曜

8:45〜24:00

日曜・祝日

8:45〜22:00

毎月第3日曜

8:45〜19:00

 

申し込み方法はなんと5種類!あなたの生活に合わせて選べます。<後編>

 

④電話

フリーコールに電話する方法です。

オペレーターの質問に答えるとその場で仮審査の結果が分かります。

その後の契約はホームページまたは自動契約機にて手続きとなります。

フリーコールは24時間対応ですが、審査結果は9:00〜21:00 の間でないと分かりません。

それ以外の時間に申し込むと翌営業日9:00以降に電話で結果報告となります。

 

⑤郵送

フリーコールに電話して入会申込書の送付を依頼します。届きしだい記入し返送します。

その後審査が行われ、希望日時に電話がかかってきます(3営業日以内)。

契約は契約書控えとカードが送られてきて契約手続きは完了となります。

 

《これで迷わない!状況別・申し込み方法まとめ》

 

パソコン

スマホ

アプリ

携帯電話

自動契約機

電話

郵送

とにかく

急いでいる!!

 

24時間

いつでも申込OK

〇(※1)

 

場所を気にせず

申し込みたい

 

レイクのスタッフと

相談しながら

 

 

 

※1…24時間営業の自動契約機のみ

 

審査時間はどのくらいかかるの?借入までの一番早い方法は?

審査時間と借り入れ金を表すイメージ

 

郵送以外だとすぐに「仮審査の結果」は分かりますが、

本審査には基本的に30〜40分はかかります。

本審査の結果はホームページで確認することになります。(自動契約機はその場で確認)

 

最短で全て済ませたい場合は自動契約機でしょう。

自動契約機なら申し込みからカードが手に入るまで最短で40分です。

カード受け取ったら、レイクATM・提携ATMですぐに借り入れができます。

 

しかし近くに契約機がなければ、

そこに行くまでの時間を考えると、インターネット経由または電話からの申し込みの方が早くなることもあるでしょう。

その場合平日14時までに申し込みから書類の確認が済めば、当日中に振込にて融資してもらえます。

 

契約完了!借入方法もいろいろ選べるのがメリット!

 

では実際にレイクで借り入れるには、どのような方法があるのでしょうか?

方法別に見ていきましょう。

 

①レイクATM

年中無休・手数料無料で利用できます。

営業時間が曜日によって異なりますので、注意しましょう。

平日・土曜

7:30〜24:00

日曜・祝日

7:30〜22:00

 

②振込での借り入れ

ホームページからログインして申し込みます。

受付は24時間ですが、当日中に振り込んで欲しい場合は平日14時までに済ませましょう。

振込先の口座は利用者本人名義でさえあればどこでも大丈夫です。ちなみに手数料は無料です。

 

③提携ATM

コンビニなど、様々なATMが利用可能・手数料無料なのが大きなメリットです。

消費者金融を利用している場合、

提携ATMでの借り入れ時の手数料は1回につき108円〜216円かかるのが一般的なので、

無料というのは嬉しいですね。

もちろん何回でも無料なので、

「多めに借りておこう」と考えてムダに金利を発生させずに、必要な分だけを借り入れできます。

 

なお、使えるATMは下記の内容になります。

《提携ATMの利用時間》

ATM名

利用時間

セブン銀行

月曜日     5:00〜23:00

火・水曜日   0:10〜23:50

木曜日     1:30〜23:50

金・土・日曜日 0:10〜23:50

第3日曜日   0:10〜20:00

ローソンATM

イオン銀行

イーネット

(借入・返済ともに同時刻です)

 

《ゆうちょ銀行利用の場合(ファミリーマート設置のゆうちょATMは除く)》

曜日

借入または残高照会

返済

月曜日

7:00〜23:50

7:00〜21:00

火曜日・水曜日

0:10〜23:50

7:00〜21:00

木曜日

1:30〜23:50

7:00〜21:00

金曜日

0:10〜23:50

7:00〜21:00

土曜日

0:10〜23:50

9:00〜17:00

日曜日・祝日

0:10〜21:00

9:00〜17:00

(祝日の翌日は利用時間が7:00からになります。第3日曜日は利用時間が0:00〜20:00まで)

(ファミリーマート設置のゆうちょATMは先述のセブン銀行などと同じ時間)

 

時間や曜日がややこしいので、自分の生活時間帯と照らし合わせてよく確認しておきましょう。

 

返済は?みなさんに合わせたいろいろな方法を選べます!

返済方法がいろいろ選べて満足な様子

 

お金を借りた以上は期日をしっかり守って返していかなければなりません。

ここではいくつかある返済方法をそれぞれ詳しく見てみたいと思います。

 

①WEBでの返済

会員ページにログインして、希望の返済額を入力後、

自分の口座がある金融機関を選びその金融機関のサイトへいきます。

その金融機関サイトへログインし案内に従い手続きします。

返済額を再度確認後振込み実行で完了です。

…簡単ですね!しかも手数料無料です。

ただしこの自分の口座がある金融機関にインターネットバンキングのサービスがあることが条件です。

 

②ATM

レイクATMまたは提携ATMが使えます。利用時間は借入と同様です。

もちろん手数料は無料です。

 

③口座引落、もしくは銀行振込でも

口座引落は毎月14日または27日が引落日になります。

一括返済はできません。手数料は無料です。

銀行振込みは残念なことに手数料が利用者の負担です。

 

返済も、銀行振込以外は手数料無料なのはやはり大きなメリットですね!

 

■繰上げ返済はいつでも可能です!

基本的にいつでもWEB返済、ATM、銀行振込ならば繰上げ返済、一括返済は可能です。

繰上げ返済の分は全て元金に当てられるので、その分の利息が節約できます。

 

ちなみに当月の返済は返済日当日の14日前からになります。

15日前に返済してしまうと「前の月の繰り上げ返済」とみなされるので注意しましょう。

 

■返済期日は決められる

レイクは任意で返済期日を設定できます。

万が一、間に合いそうにない場合は会員ページから返済予定日の変更が可能です。

しかし遅れた日数分の遅延損害金は発生するので注意です。余裕を持った返済を心がけましょう。

忘れないためにレイクから期日3日前にお知らせメールがくるサービスをぜひ活用しましょう!

 

では状況に応じた返済方法のオススメ表を載せておきます。

 

WEB返済が圧勝??こんな時はこの方法で返済!》

 

WEB返済

レイクATM

自動引落し

提携ATM

銀行振込み

時間を気にせず

深夜でも

 

 

 

余裕ができたから

一括で払おう

 

 

家から出たくない

出向く時間がない

 

手数料は

無料がいい

 

 

「返済方式」も選べます!自分に合うものはどちら?

 

返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」から選べます。

名前だけ見ても「…?」となると思いますので簡単に解説します。

 

■残高スライドリボルビング方式とは?

残高に応じて月々の最低返済額が変わる方式のことです。

最低返済額とは「毎月これだけは最低でも返済してね」と言う金額のことを指します。

この中に利息も含まれています。

 

つまり残高が減れば月々の最低返済額も減るということです。

お金に困っていれば毎月返済額が少ないので助かる反面、

返済期間は伸びるので、積極的に繰上げ返済をしないとムダな利息が発生することになります。

 

■ 元利定額リボルビング方式とは?

毎月の返済額に利息を含んでおり、その名の通り「定額」を毎月返済します。

毎月決まった額を返していくので返済のしやすさはありますが、

返済額に利息が含まれるため、「結局元金をいくら返済しているの?」と分かりにくい面があります。

 

どちらの方式を選ぶにせよ、

繰上げまたは一括返済ができるなら早く済ませてしまうことが、

返済における一番の得策なのは間違いありません!

 

初めてレイクを利用する方は必見!期間限定で利息0円に?

金利0円に驚く様子

 

レイクは新規利用者限定で「無利息サービス」を展開しています。

2つのサービスから選ぶことができるのでそれぞれ紹介したいと思います。

 

■5万円まで180日間無利息サービス

5万円までの借入だと契約日翌日から数えて180日間は無利息で借りられるサービスです。

(契約日当日はどの借り入れでも無利息)

 

例を見てみましょう。

 

《Aさんの場合》

契約日に5万円借りた

⇒180日以内に3万円返した(借り入れ残高2万)

⇒180日以内にまた3万借りた(借り入れ残高5万)(実際に借りた金額=8万円)

⇒しかし現在の借り入れ残高は5万円なので無利息。

 

《Bさんの場合》

契約日に6万円借りた

⇒無利息が適応されるのは5万円まで・超えた1万円に利息がかかる

⇒よって180日間は5万円分は無利息・1万円分に利息発生

 

賢く使えばかなりお得なサービスです。

少額の借り入れで済むこと且つ確実に返済できる自信があれば活用したいサービスですね。

 

■30日間無利息サービス

日数は1つ目に比べて少ないですが、額は指定されていないのが大きなメリットです。

どういったものなのか例を見てみましょう。

 

《Aさんの場合(契約日4月1日・返済日4月28日)》

契約日当日に借りてキチンと4月28日に一部返済

⇒まだ借り入れ残高あり・5月1日までは無利息

⇒5月2日から借り入れ残高に通常利息が発生

 

《Bさんの場合(契約日4月1日・返済日4月28日)》

4月3日に借り入れ

⇒4月28日に完済(借り入れ額を問わず全額無利息)

 

こちらのサービスは30日の間に完済してしまうBさんのような方にはピッタリです。

何か欲しいものがあってちょっとだけお金が足りない…という時にはいいかもしれません。

 

ただし全額無利息で完済するには以下の2点に気を付けましょう。

①一括で返せる金額を借り入れること

②給料日(返済できる日)から逆算して契約日を考えること

 

このように、タイトル通り「かゆいところに手が届く」様々なサービスを提供しているのがレイクです。

この記事がみなさんの借り入れの参考になれば幸いです!






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス