銀行借り入れキャッシング【年金受給者でもカードローン契約はできる?借り入れにおすすめの商品って?】

年金受給者でもカードローン契約はできる?借り入れにおすすめの商品って?

カードローンはローン契約の一種であるため、契約に至るまでには厳しい審査がありますし、安定的かつ継続的な収入がないがあり返済能力を有していなければ契約は難しいものとされています。

金融機関は「余命」というリスクに備えて、安定的かつ継続的な「年金」という収入がある年金受給者をローン申込を断るケースが多くありますが、カードローンの場合は果たしてどうなのでしょうか。

年金受給者でも契約できるカードローンがあるのかということなどについて、解説をしていきます。

 

年金受給者でもカードローン契約って出来るの?

微笑む医療者

 

たとえ仕事に就いている場合でも、年金という最も安定感のある定期収入がある場合でも、年金受給者の場合、カードローン契約ができないケースが度々見られます。

これは年金受給者の「余命」のリスク・ヘッジや病気などによって家計が急速に悪化してしまうことに対するリスク・ヘッジであり、如何に安定した収入があった場合でも、カードローンには上限年齢が設けられているケースが多く、各商品後に設定された上限年齢に到達した場合には、以降のカードローン利用・契約は不可となってしまうのです。

しかし最近では比較的高齢の方でも安定した収入があれば申込可能、という商品は増えてきています。

契約可能な上限年齢が69歳までというカードローン商品は近年急速に増加傾向にあるので、このような商品設計のカードローンであれば、年金受給者であっても問題なく契約ができると考えられます。

年金受給者でカードローン契約を希望する場合は、契約可能な上限年齢をチェックして商品選びをすると良いでしょう。

 

 

年金受給者でも契約可能なカードローンって?

金と黒のカード

 

続いて年金受給者でも契約ができる、おすすめのカードローン商品について紹介を行っていきます。

 

・みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは満66歳未満の人まで申込みが可能となっていますし、契約後は最高で満70歳になるまでカードローンの契約更新が可能となっています。

みずほ銀行カードローンは、年金収入のみの年金受給者でも契約ができるという点に大きな魅力があります。

仕事に就いている年金受給者であれば、より審査を通過できる可能性は高くなると考えられますが、仕事に就いていない年金受給者でも契約できる可能性があるので、多くの人におすすめが出来る年金受給者向けカードローンと言えます。

 

なお、みずほ銀行カードローンの貸付条件は、利用限度額が最高800万円まで、金利は年2.0%から年14.0%(2017年9月21日現在)とされています。

 

・三菱東京UFJ銀行のバンクイック

三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、満65歳未満の人であれば申込みが可能となっており、こちらの商品もみずほ銀行カードローンと同様に、収入が年金収入のみという人でも申込みができる、という点に大きな特徴があります。

また三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていなくても契約が可能とされていますし、テレビ窓口という無人契約機から申し込みを行うこともできます。

 

なお、バンクイックの貸付条件は、利用限度額が最高で500万円まで、金利が年1.8%から年14.6%(2016年12月26日現在)とされています。

 

・アコムのキャッシング専用アコムカード

アコムが取り扱いをしているカードローン商品である、キャッシング専用アコムカードについても、年金受給者の申し込みは可能となっています。

但し、キャッシング専用アコムカードの場合を契約するためには、仕事に就いていることが条件とされており、収入が年金収入のみという場合には申込が不可なので注意が必要です。

なお、キャッシング専用アコムカードは、満70歳未満までの人が申込可能と、先に紹介したみずほ銀行カードローンやバンクイックよりも契約可能な上限年齢が高めに設定されています。

66歳以上70歳未満でカードローン契約を希望する場合にはこちらの商品を選ぶと良いでしょう。

 

なお、キャッシング専用アコムカードの貸付条件は、利用限度額が最高で800万円まで、金利は年3.0%から年18.0%(2016年12月26日現在)となっています。

 

まとめ

 

年金受給者であっても、各商品ごとの申込要件を満たしていて、毎月安定した収入があると認められれば、カードローン契約をすることは可能とされています。

年齢要件については、銀行系カードローンは65歳まで、消費者金融系カードローンの場合は69歳まで、とされているケースが多いので、自身の年齢と照らし合わせながら商品選択をすると良いでしょう。

また今回消費者金融系カードローンについては、申込要件さえ満たせば、アイフルやプロミスといった大手消費者金融のカードローンを契約することも可能となっています。

アイフル・アコム・プロミスの三社は、初めての契約者であれば、30日間無利息でキャッシングができるサービスも実施しているので、まだ利用したことがない大手消費者金融を選択して、無利息キャッシングサービスを享受する、というのも有効だと考えられるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス