銀行借り入れキャッシング【借り入れ限度額・金利・在住地の制限は?千葉銀行カードローン3種類を詳しく紹介!】

借り入れ限度額・金利・在住地の制限は?千葉銀行カードローン3種類を詳しく紹介!

銀行カードローンと聞いて、まず思い浮かべるのは大手銀行のプランではないでしょうか?

豊富な資金を持つメガバンクの方が、その宣伝力ゆえにお得なプランがありそうにも思えます。

 

しかし、地方銀行の中にも、優れたプランがいくつもあるのです。

今回は地方銀行の中でも総資産二位を誇る、千葉銀行の3種のカードローンについて解説します!

 

オーソドックスなカードローン、「クイックパワー<アドバンス>」

 

まずご紹介するのは、最もオーソドックスなカードローンである「クイックパワー<アドバンス>」です。

その基本の商品概要について、見てみましょう。

金利

最大限度額

在住地制限

収入証明書

4.3%~14.8%

500万円

なし

原則不要

(2016/12/23現在)

 

金利や最大限度額は、銀行系としては標準的な内容です。

特徴を挙げるなら、パート、アルバイトの方も申し込み出来るという点でしょう。

 

ですが、最も注目すべきは、「地方銀行なのに在住地制限がない」という点です。

住所も勤務地も関係なくローンカードを作ることができ、

収入証明書も原則不要と、自由度の高さはかなりのものです。

 

提携しているATMも、セブン銀行、イオン銀行など数多く、

インターネットバンキングにも対応しています。

その上、他の金融機関への振込融資にも対応しているので、

千葉銀行の口座を作る必要なく、地方銀行のデメリットはほとんど感じられません。

 

では営業エリア在住の場合のメリットはないのか? 

と言うと、もちろんそんなことはありません。

千葉在住で安定した収入がある方の場合、最大500万円という上限は変わりませんが、

その範囲内で増枠の申し込みができます。

増枠が出来れば金利が下がることにも繋がるので、

営業エリア在住の方は、目を付けておきたいサービスですね。

(営業エリア=千葉県・東京都・茨城県・埼玉県・横浜市・川崎市)

 

住宅ローン利用者向け、自動融資サービスのある「マイワレット」

住宅ローンの計算を表すイメージ

 

マイワレットの最大の特徴は、

引き落とし時に残高をバックアップしてくれる、自動融資サービスがあることです。

これは公共料金などの支払いで残高が不足していても、自動で融資を行ってくれるサービスです。

多額の引き落としがある、住宅ローン利用者向けのカードローンと言えるでしょう。

その主な概要は、以下になります。

金利

最大限度額

在住地制限

収入証明書

4.3%~14.8%

200万円

あり

必要

(2016/12/23現在)

 

借入限度額には、30万円、50万円、100万円、200万円の4つのコースが用意されています。

100万円以上の申し込みの場合は、

千葉銀行に給与振込口座を持っているか、

千葉銀行の住宅ローン(ちばぎん長期固定金利型住宅ローン(住宅金融支援機構買取型)以外)

を契約していなければなりません。

 

「クイックパワー」との違いは、収入証明書が必須である点と、在住地制限がある点です。

千葉銀行の営業地域内に住所、または勤務先がなければ契約はできません。

また、パートやアルバイトの方が申し込みできない点も異なります。

 

金利や限度額も「クイックパワー」に劣りますが、

マイワレットならではの特典に、千葉銀行の住宅ローンと合わせて利用すると金利が年0.2%下がる、

というものがあります。

自動融資サービスが組み込まれていることもあり、

完全に住宅ローン利用者向けのコンセプトと言えるでしょう。

 

厳しい審査を通過できた先にある、非常にお得な「プレミアクラス」

厳しい審査を通過できるハイクラスな人のイメージ

 

千葉銀行には、オーソドックスなカードローンの形態でありつつ、

まさに「プレミア」と呼べるハイランクのプランがあります。

まずはその凄さから見てみましょう。

金利

最大限度額

在住地制限

収入証明書

3.8%~5.5%

500万円

あり

必要

(2016/12/23現在)

 

最大でも5.5%という、大手銀行のカードローンと比較しても驚きの低金利です。

更に「マイワレット」最大の特徴である自動融資サービスも付くので、

うっかり口座にお金を入れ忘れていた時でも心配ありません。

 

ただしこのプレミア感に相応しく、申し込みの条件は非常に厳しく設定されています。

その項目が非常に多いため、分かりやすくするために箇条書きにしてみました。

 

・個人事業主、同族会社オーナー(家族含む)でないこと。

・住所か勤務地が千葉銀行の営業地域内であること。

・同一勤務先に3年以上勤務していること。

・安定継続した年収が500万円以上であること。

・千葉銀行に給与振り込み口座を持っている、

または千葉銀行の住宅ローン(ちばぎん長期固定金利型住宅ローン(住宅金融支援機構買取型)以外)を契約していること。

・本人居住用の住宅を保有していること。

 

カードローンとしては見たこともないほど細かく、厳しい条件が並んでいます。

しかしそれもこのお得度を考えれば納得かも知れません。

あらゆる面で他の2つのカードローンより優れているので、

もしこの条件に合うの方は、迷わず「プレミアクラス」に申し込むと良いでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス