銀行借り入れキャッシング【ネット完結で契約できるカードローンとは?ネット完結契約のメリットとデメリットって?】

ネット完結で契約できるカードローンとは?ネット完結契約のメリットとデメリットって?

最近では実店舗へ来店する必要がなく、インターネット上の手続きだけで契約ができるカードローン商品が増加傾向にあります。

インターネットの手続きだけで契約ができるネット完結のカードローンには具体的にどのような商品があるのかということや、カードローンをネット完結で契約することのメリットやデメリットなどについて、解説を行っていきます。

 

ネット完結契約のメリットって?

ノートパソコン

 

まずはネット完結でカードローンを契約することのメリットについて解説を行っていきます。

 

・時間や場所に関係なく申込ができる

店頭窓口や無人契約機から申込を行う場合には、各店舗の営業時間以内に店舗のある場所へと足を運ぶ必要があります。

すぐにカードローンを申込みたいと思っても、仕事中などで抜け出すことができない場合には、思い立ってもすぐに契約申し込みができないという難点があります。

一方でネット完結での申込みなら、スマートフォンがあればいつでも何処にいてもすぐに申し込みができますし、そのままスマートフォンを使って契約手続きまで済ませることができます。

つまり、忙しい人でも気軽に申し込みができるという利点があるのです。

 

・人目を気にせず申込ができる

店舗へ出向いてカードローン契約をする場合、店頭窓口の場合ですとローンの申込みを行っているのが他人から丸見えとなってしまいますし、店舗に入るところを知り合いなどに見られてしまうリスクも有ります。

一方でネット完結契約の場合は、来店する必要がないので、人目を気にせずにカードローン申込みができますし、他人にカードローン申し込みをしたことを知られてしまうリスクが他の申込方法よりも低い考えられるのです。

人目を気にせずにカードローン申込みをしたいという人や、誰にも知られずにカードローン契約をしたいと考えている人にピッタリだと考えられますね。

 

ネット完結契約のデメリットって?

実験中

 

メリットについての解説をしたところで、次はネット完結契約のデメリットについて、解説をしていきます。

 

・知識が不十分なまま契約してしまう恐れがある

電話申込や店頭窓口から申込みをする場合にはスタッフと相談しながら契約ができますし、無人契約機から申込みをした場合でも、審査の待ち時間の間にカードローンの使い方に関する注意事項などをビデオで確認することができます。

一方でネット完結申込みをした場合には、スタッフに相談すること無く契約ができますし、注意事項などについても人による説明を受けずに契約をすることができます。

それ故に使い方に関する注意事項の確認や知識などが不十分なまま契約してしまう恐れがあると考えられるのです。

ネット完結で契約する際には、申込前や契約直後などにしっかりと注意事項等について確認をしておくことが大切といえるでしょう。

 

・ローンカードが発行されないことがある

一部の商品ではネット契約で契約をすると、ローンカードの発行がされず、カードレスでの取引となり、取引は基本的にネット経由で行うことになるケースが有ります。

契約後の取引まですべてネットで管理することに抵抗がある人や、ローンカードを用いて、手軽で便利なATMキャッシングを利用したいという人は注意が必要となります。

 

ネット完結で契約ができる代表的なカードローンって?

男性二人

 

続いて、ネット完結での契約ができる代表的なカードローン商品について、紹介を行っていきます。

 

・オリックス銀行カードローン

オリックス銀行のカードローンは、オリックス銀行の普通預金口座を保有していなくても契約ができますし、貸付金利は業界最低水準の年1.7%から年17.8%(2016年12月24日現在)と、申込みやすく利用しすいという特徴があります。

借入はローンカードを利用した提携ATMキャッシングと振込キャッシングに対応しており、ジャパンネット銀行の口座への振込キャッシングであれば、0時10分から23時50分まで毎日受け付けをしていて、手続き後は即時に振り込まれるという即時振込キャッシングに対応しています。

条件:①契約後(カード発行後)
   ②登録口座、または振込専用口座にジャパンネット銀行を登録いただければ利用可能

 

・プロミスのキャッシングローン

プロミスのキャッシングローンは、契約をWeb完結でも対応可能です。
契約する際にカード発行ありでの契約とカード発行無しでの契約を利用者自身が任意で選択できるという特徴があります。

カード発行ありとした場合には、後日自宅のローンカードが郵送されることとなり、振込キャッシングのほか、ローンカードを利用したATMキャッシングも可能となります。

一方で、カード発行無しとした場合には、カードレスでの取引となり、その後の手続は原則ウェブ上で手続きをすることとなります。

カードの発行がないため、自宅にはローンカードも含めて一方の郵送物が届かないので、家族に知られずにカードローン契約をしたいという人に向いていると考えられますね。

 

・SMBCモビットのカードローン

SMBCモビットのカードローンは、Web完結で契約した場合、会社に在籍確認の電話がかかってこないので、職場の人に絶対に勘付かれずにカードローン契約をしたいと考えている人に最適なカードローンと考えられます。

但し、SMBCモビットのカードローンをWeb完結で契約するには、社会保険証若しくは組合保険証、直近一ヶ月分の給与明細書が必要になるなど、通常のカードローン契約よりも多くの書類が必要となる点に注意が必要です。

またSMBCモビットのカードローンをWeb完結で契約した場合には、カードレスでの取引となることにも注意しておきましょう。

 

まとめ

 

カードローンをネット完結で契約することには大きなメリットがある一方で、利用の際の注意事項が疎かになりやすいなどのデメリットもあるので、注意をする必要があります。

ネット完結契約はうまく利用できれば、非常に手軽に契約ができますし、契約後もネットを利用して便利な借入が可能となっているので、ぜひとも使いこなしたいサービスといえますね。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス