銀行借り入れキャッシング【カードローンの借り入れ結婚前に整理をしておこう!完済ができないときには相手に伝えよう】

カードローンの借り入れ結婚前に整理をしておこう!完済ができないときには相手に伝えよう

カードローンを借りている状態で、結婚の話が出ることがあるでしょう。

相手に借金があることをなかなか伝える勇気がなく、借金をしたまま結婚をしてしまう話はよく聞きます。

カードローンだけではないのですが、借金があると相手にも負担になることがありますので、できれば結婚前に整理しておきたいですね。

 

カードローンの返済について。
結婚後発覚した借金なのですが、旦那のカードローンの返済をなるべく利息を少なくして返済したいです。
私は消費者金融などからお金を借りたことがないので無知
です(..)わかりやすく説明頂けると助かります。

アコムからは40万、アイフルからは17万くらいの借金があります。
今は毎月だいたい15000円づつどちらも返済しています。

私が今考えているのは、楽天カードの毎月の支払いが8万くらい(携帯代2台、光熱費、食費など含む)あるのでこれを2、3万あとからリボで変更してリボ払いで浮いた支払い額をアコムに回して毎月の支払いは同じかも知れませんが総合的には安くなると思うのですが…

アコム、アイフルは金利18%で楽天カードのリボ払いは15%なので安くできると考えているのですが、どうでしょうか?

長文になり申し訳ありません(..)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14159793994

 

 

結婚前にカードローンを利用する理由はなに?

結婚前にカードローンを利用する理由はなに?

結婚前にカードローンを利用する理由はなんでしょうか。

また、若いときには友達付き合いも多く、遊ぶお金を用足すためにカードローンを利用するというともいるでしょう。

私も20代のときには、カードローンにお世話になりましたが、ボーナスまでの一時凌ぎのつもりで、交友関係でよく利用をした記憶があります。

職場は金融機関であったのですが、周りの同僚も当たり前のようにカードローンを利用していた人が多く、独身時代に簡単に借金を作っていました。

 

結婚をすると、なかなか借金をするのは、生活費の関係があるため、返済が大変になるのを考えて利用が慎重になります。

しかし、意外と独身のときは、自分で稼いだお金を使うときの裁量は、自分自身にあるので給料の範囲内で何とかできるだろうと、安易に考えて資金繰りをしてしまうことがあります。

結婚と同時にカードローンを綺麗にする人もいれば、そのままカードローンを返済せずに結婚をする人もいました。

パチンコなど遊興費として、カードローンを利用する人もいるようですが、結婚前には借金をしっかりと返済して、身を綺麗にしておきたいものです。

できれば、金銭感覚も結婚前にしっかりとつけておき、しっかりとした自立した大人になって、新婚生活に望むのがいいでしょう。

 

 

カードローンはクレジットと同じ感覚で利用をすると痛い目をみる

カードローンはクレジットと同じ感覚で利用をすると痛い目をみる

カードローンを利用する前に、クレジットカードを利用する人は多いのではないでしょうか。

クレジットカードは、買い物で利用できるため、一枚は財布に入っているという人も、多いのではないでしょう。

また、今はインターネットで買い物をするのが当たり前になっていますので、ネットショッピングをするためにクレジットカードを保有していませんか。

クレジットカードは、今では決済手段として、なくてはならない存在になっているでしょう。

クレジットカードの特徴として、限度額の範囲内であれば、何度でも反復利用ができるということです。

これは、カードローンと同じ様なところがあります。

 

クレジットカードは、商品を購入するときに、信販会社からお金を立て替えてもらうものですが、カードローンはお金そのものを借りるものです。

そして、クレジットカードは、翌月払いや、ボーナス払いで利用する人がいると思いますが、カードローンは基本的にはリボ払いになるでしょう。

自分自身で、しっかりと返済を意識的にしていかないと、カードローンを利用した場合は、なかなか完済までたどり着かないことがあります。

口座振替で返済をするタイプのカードローンの場合は、カードローンに直接入金をしないと、残高がなかなか減ることはありません。

クレジットと同じような利用方法をしていると、いつの間にか限度額がいっぱいになってしまうということになりかねませんので注意をしてください。

なお、クレジットカードもリボ払いはなるべく、利用しないようにすることをお勧めします。

 

 

カードローンの返済はこのようにしよう!随時返済を利用するのが鉄則

カードローンは利用をすると、なかなか完済をすることができないという話を聞きます。

金利も高く一向に借金が減らないということですが、実は金利が高いから返済を続けるというわけではないのです。

銀行系のカードローンの返済額は、月々の返済が低く抑えられています。

これは、利用者にとって返済がとても楽なのですが、カードローンを利用すると完済できない元凶でもあるでしょう。

カードローンの月々の返済は、利息の支払いと考えておいてください。

お金ができたら、まとめて返済をするという考えで、月々の返済額が決定していると思ったほうが、カードローンはお得に利用ができるのです。

 

月々の返済では、利息しか支払っていないので、完済をするということはあり得ません。

いつまで経っても、返済をしているのではなく、返済をしていないから完済しないのでしょう。

カードローンは随時返済というものができます。

通常お金を借りると、毎月の返済額以上に返済をしようと思っても、簡単には受け付けてもらえません。

また、まとまったお金ができたため、全額を返済しようと思っても、手数料を取られてしまうことがあるでしょう。

しかし、カードローンは、毎月の返済額のほかに、いつ返済をしても手数料を取られることなく、いくらでも返済をすることが可能なのです。

このことを随時返済といいます。

この随時返済を利用して、月々の返済以外に、1,000円でも2,000円でも多く毎月カードローンに直接入金をしましょう。

随時返済を上手に利用すると、カードローンの残高がみるみるうちになくなっていきますので、早く完済ができて利息もお得になるでしょう。

カードローンの注意事項には記載されていませんが、カードローンはこの随時返済をすることが基本的なことになります。

カードローンを利用している人は随時返済を積極的に行ってください。

 

 

結婚が決まったらカードローンはできる限り返済しよう!

結婚が決まったらカードローンはできる限り返済しよう!

カードローンを利用するコツとしては、随時返済をすることなのですが、カードローンを利用したあとにこの記事を読んで、残高がなかなか減らないことに気がつく人もいるでしょう。

カードローンの残高がまだあるのに、結婚が決まったという人は、今からでも遅くはありませんので、できる限り借金をなくしておくことをお勧めします。

実はカードローンは、利用をする前の計画が非常に大事です。

いつまで返済をするのか、いくらずつ返済をするのか、返済の財源はなんなのかしっかりと考えたうえで利用をする必要があります。

 

慣れると意識しなくても、上手に利用できるようになるのでしょうが、はじめのうちはしっかりと返済の計画を立ててからカードローンを利用しましょう。

このことをしないで、カードローンを利用して、現在まだ残高がある人は、まずは自分の生活において、今商品を購入したとして、いくらまでなら返済可能か考えてください。

生活を切り詰められるところは切り詰める必要もあるかも知れませんが、無理のない金額を考える必要があるでしょう。

そして、考え抜いた金額を毎月の返済とは別に、カードローンへ入金をしてください。

500,000円であれば、毎月20,000円ずつ返済をすると、1年後には半分になります。

500,000円の借金と、260,000円の借金では大いに違うでしょう。

少しでも、カードローンの残高がなくなるように努めることをお勧めします。

 

 

カードローンの返済が結婚前に終わらない場合は素直に相手に伝えよう

カードローンの返済が結婚前に終わらない場合は素直に相手に伝えよう

結婚をまもなくする人で、カードローンの残高がある人は、一括で返済をするようにしましょう。

結婚資金が大変で、一括返済できない場合は、しっかりと相手に借金があることについて伝えておくことをお勧めします。

結婚後に借金があることが相手に知られてしまって、喧嘩になることもあるようです。

金銭感覚の違いも、話し合いをするとみえてきますので、結婚前にしっかりと話をしておくと後々のことを考えるといいことだと思います。

金銭感覚のずれも、この話し合いでしっかりとお互いすりあわせできると思いますので、新婚生活も多少はスムーズになるのではないでしょうか。

 

カードローンをよく思っていない人もいますので、相手にしっかりと事実を伝えておくことが大事です。

なぜ借金をしたのか、なぜ完済をしなかったのか、なぜ今まで黙っていたのか根掘り葉掘り聞かれるかも知れませんが、いい話し合いの場になるでしょう。

一緒になったあとにお金のことで、いざこざになっても大変ですので、これから長い間一緒に暮らしていき、生活を共にしていく相手にはしっかりと話をしておくことをお勧めします。

結婚後にも借金が残っている事実の話をしておくと、家計のやりくりに借金の返済が組み込まれますので、相手に内緒にせずしっかりと問題を解決してください。

一緒になるまでに、返済ができる範囲で、できる限り借金を減らしておきましょう。

 

 

カードローンだけではない奨学金がある場合も相手に伝える

カードローンだけではない奨学金がある場合も相手に伝える

結婚前に話をしておくことは、カードローンの借金だけではありません。

よく問題になるのが、奨学金についてです。

奨学金は借金ですが、このことについて考え方に隔たりがある人がいるでしょう。

特に子供を産んだあとに、しばらく産休などに入って、復職が難しい女性の人は、奨学金を相手に払ってもらう可能性があります。

自分の借金だからといって、結婚前に全て返済をする人もいれば、結婚後に返済を続けている人も多いようです。

 

しかし、結婚前の借金について、なぜ自分が払わなければいけないんだとなる人もいるようですので、奨学金の事実は漏れなく伝えておくことをお勧めします。

就職をして、奨学金を残したまま結婚をする人も多いでしょう。

そのときには、奨学金があることをしっかりと相手に伝えて、理解をしてもらうようにするといいのではないでしょうか。

自分は結婚をする前に、頑張って奨学金を返したと思う人もなかには、いるようです。

結婚前の負債で生活が苦しくなるのは嫌だと考える人もいますので、しっかりと話をしておきましょう。

 

 

 

相手に借金があることが分かったら?結婚後に生活が苦しくないか相談をしよう

相手に借金があることが分かったら?結婚後に生活が苦しくないか相談をしよう

逆の立場で話をします。

結婚相手に借金があるということが分かったときに、どのような対応をしたらいいかということです。

借金の話をされたら、結婚の話をなかったことにしますか?

お金だけで相手を選んだわけではないと思いますので、借金をしていることをしっかりと話をしてくれたのであれば、生活費について突っ込んだ話し合いをしましょう。

特に遊んで借金をしたのではないのであれば、まじめに返済をしてもらって、今後の生活で必要な生活費をどうしたらいいのか、いい機会ですので話をしておくことをお勧めします。

借金の理由を根掘り葉掘り聞くのもどうかと思いますが、一通りさらっとは聞いてもいいかも知れません。

 

一緒に長い生活を共にするには、節約できるところは節約をして、出費を我慢しなければいけないときがくるかも知れません。

生活をするために、どのように収入を確保して、支出をどう管理していくかしっかりと話し合いをするといいでしょう。

結婚をしたらなかなか自分のためにだけに、お金を使えるということはなくなります。

お互い支え合って、生活をするには、お金についての話し合いは避けては通れない話ですので、早めにできるのはかえっていいことかも知れません。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス