銀行借り入れキャッシング【カードローンの審査では公務員は落ちることがない?安定した職業の代表格!】

カードローンの審査では公務員は落ちることがない?安定した職業の代表格!

公務員と聞くと、定年まで安泰だと世間的に思われる、代表的な職業でしょう。

実際に、公務員として働いている人からみると、色々と大変なこともあり、意外と生活をするのに収入がぎりぎりと感じている人もいるようです。

そこで、カードローンの利用を考えることもあるようですが、お金を借りるとき注意点をまとめました。

 

 

カードローンの申し込み条件は安定した収入があること

カードローンの申し込み条件は安定した収入があること

カードローンの申し込み条件に、安定した収入がある人となっています。

この安定した収入というのは、毎月同じ様な金額が手元にはいってくるということを意味しているでしょう。

したがって、どこに働いていようが、関係がなく収入があることが条件です。

しかし、そうはいっても、職業というものはとても大事で、安定した職業はカードローンを申し込みするときに、とても有利に働きます。

カードローンは、限度額が大きくなれば、金利も低くなるのです。

限度額の大小は所得額の差と、いかに安定した職業についているかによって、変わってくるでしょう。

 

このようなことから、公務員というと、カードローンを申し込みするうえで、有利な内容で契約できる可能性が多いのです。

もちろん、公務員として働いている期間にもよりますが、長く働いていれば長いほど、有利な条件でカードローンを利用できる可能性がでてきます。

公務員として就職したての頃は、所得も低いのですが、長く勤めることで収入が大きくなってきます。

通常の企業と異なり、勤め先の業績に左右されることがありませんので、安定した業種としての代表格といえるでしょう。

たとえ、国や地方が赤字の行政であっても、会社員のような大幅な収入減少ということは、縁がない職種になります。

もちろん、首長の方針で職員のコストカットとして、公約に掲げられてしまうと、会社員のように収入が減ることもあります。

しかし、赤字を毎年だしていても、賃金が支払われないというリスクが少ないでしょう。

ここまで話した理由から、公務員という職種は、どのようなローンでも、審査が通過しやすいといえるのです。

 

地方・国家問わず、公務員でもローンやクレジットカードの審査に落ちる人はいるのでしょうか?公務員はおかしなことをしなければ、定年まで働けるので、「安定した収入が見込めるから、
返済不能に陥るリスクは小さい」と思われるはずですが。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159872697

 

 

公務員も意外とカードローンを利用している

公務員も意外とカードローンを利用している

公務員と聞くと安定した職業で、収入にも困ることがないと、世間的に思われていることが多いようです。

世間体に誤解もあるのですが、「安定した職業=高収入」という式は必ずしも成り立たず、年齢によっては低所得であることもあるでしょう。

消防士、警察官、自衛隊員、役所職員、教員など、聞くとどれも、生活が保障されているような職業ばかりでしょう。

しかし、これらの職業についたからといって、若いうちから収入が高いわけではなく、長く勤めることで収入が上がっていきます。

また、結婚をして生活をしていくと、子供が生まれて、生活費が嵩んでいきます。

決して、楽な生活が保障されているわけではなく、日々の生活のやり繰りに苦労をしている人もいるでしょう。

 

一般的には、生活水準は低いほうではないのでしょうが、若いうちには苦労をして、生活をおくる人も珍しくはないようです。

そこで、一時的に生活費が足りないため、一時凌ぎとしてカードローンを利用する人というのは、決して少なくはないでしょう。

公務員はカードローンに申し込みをすると、審査に通過しやすいともいわれていますが、実際に借金がなく、就職後数年経過している人であれば、カードローンの審査に落ちる可能性は少ないのではないでしょうか。

そのため、手軽にお金を借りることができるカードローンで、日々のやり繰りをしてしまうというケースはなるようです。

ついつい借りすぎることのないように、注意をしながらカードローンの利用をすることをお勧めします。

手軽で、便利という甘い罠に落ちないように気をつけましょう。

 

公務員専用カードローンなんてあるが、銀行にとっては取りっぱぐれのない超優良顧客かもしれないけど、公務員がカードローンに手を出すというのはどうなの?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11103449876

 

 

同期に後れを取るな!社宅、近所に潜む落とし穴

同期に後れを取るな!社宅、近所に潜む落とし穴

公務員の人は、借金とはあまり無縁なように感じる人も、いるかと思います。

しかし、意外と公務員の人でお金を借りている人もいるようです。

公務員が借金をする理由としてのひとつが、世間で思われているほどの所得がないということではないでしょうか。

先ほども話をしましたが、年齢が若いうちには、基本的には少ないようです。

そこで、借金が発生する可能性があります。

そしてもうひとつの理由が、出世争いに関係する借金になります。

出世争いでなんで借金となるのか、疑問に思う人もいるでしょう。

出世のために、「袖の下」を頻繁に利用するという意味ではないのです。

出世争いというよりは、見栄による出費といったほうが正しいかもしれません。

 

自分と同年齢の人が、○○の課長になったとか、○○の部長になったといううわさが、社宅や近所に出回って、「たしか同じ様な年齢でしたよね」などといわれたときに、生活水準をうわさの人に対抗して引き上げてしまうという人がいるようです。

子供の教育に、マイホームに、マイカーにと、色々と収入以上の出費を続ける結果、気がつけば借金が大変ことになってしまうという人がいます。

私も金融機関で働いていたときに、実際にこのような人たちを目の当たりにしたことがありますが、子供が大学を卒業すれば、子供が結婚をすればと考えているうちに、信用が底をつきてしまうという人も、いますので注意をしましょう。

信用が底をつきるとは、もうこれ以上お金を貸し続けると、危険信号のためこの人にはお金を貸すことができないと、金融機関から判断をされてしまうことです。

こうなってしまっては、クレジットカードについている、キャッシングや、消費者記入のカードローンと、ありとあらゆる手段を利用して、生活を維持するために資金繰りをしていくようになります。

このようになってしまっては、生活を立て直すのが大変になってしまうでしょう。

 

 

収入以上の出費に苦しむことにならないように気をつけよう

収入以上の出費に苦しむことにならないように気をつけよう

信用が下手にある職業であるために、一時的にせよ生活水準以上の生活をおくることができます。

しかし、借金を繰り返しているうちに、その返済額が膨らみ、月収の半分以上も返済に回してしまう人もでてくるようです。

手取り収入が毎月45万円もあるのに、月々の返済が30万円にも膨らんでしまっているという人もいるでしょう。

こうなってしまっては、生活費として利用できるのが15万円になり、借金をしていない若者のほうが、生活が楽になってしまうようになります。

退職までなんとかしようとしても、どうにもこうにもならない状態になり、一時凌ぎを繰り返す結果、状態が悪化の一途をたどるという人もいるでしょう。

カードローンを複数のところで利用をすると、借金が減らず、返済額だけが膨らんでいくということになりかねません。

 

また、金利を気にするあまり、借金をまとめるということも、気にする人がいるようですが、まずは金利よりも、支払いをスリム化にすることが大事になりますので、住宅ローンを借りている人は、色々な銀行に相談をすると改善策が見つかる可能性があります。

収入以上の出費にならないように、返済額を気にしながら、借金をするときには、できる限りまとめて返済ができるように、ローンを組み替えしていくことをお勧めします。

身の丈にあった生活をすることが大事ですので、見栄を捨てることも必要です。

そのためには、居住先に気をつけて、周りに左右されない場所に、引っ越しをするというのもひとつの手かもしれませんね。

地方の場合は、どこに移り住んでも、しっている人がいるかもしれませんが、できる限り影響がない地域というものがあると思いますので、そのようなところに引っ越しをするというのもいいでしょう。

したがって、マイホームを購入するときには、このようなことを気にしないエリアというものも頭に入れながら、検討をするといいのかもしれませんね。

 

 

審査に通過しやすい職業だからこそ陥りやすい甘い罠

審査に通過しやすい職業だからこそ陥りやすい甘い罠

公務員はカードローンだけではなく、色々なローンの審査に通過しやすいため、債務超過に陥りやすいということもあります。

債務超過とは、収入に見合った借金になっていないということで、簡単にいってしまえば、お金を借りすぎている状態です。

低収入で生活が苦しくて、多重債務になるということではなく、ローンの審査に通過してしまうため、自分の信用力を見誤るという人がいるのでしょう。

多重債務とは、複数のところから借金をして、月々の返済が大変で、生活が困窮する人のことをいいますが、安定した職業の代表である公務員でも、このような状態になることがありますので注意が必要です。

年齢とともに所得が上がっていき、退職金も期待できるため、安易に生活水準を上げてしてしまうことが大きな要因としてあるのでしょうが、生活はあくまでも現在の収入に見合った金額でおこなうように気をつけましょう。

ローンの審査に通過しやすいため、いわば未来に投資をした形に、自分自身が陥ってしまうことがありますので、しっかりと家計の管理をしていきましょう。

 

周りに気をとらわれずに、自分の生活を地道に築き上げることが大事で、自分の懐にあった出費にとどまるように心がけでください。

カードローンは、あくまでも生活が一時的に足りないときに利用をするもので、短期間で返済が可能な状態にしておかなければいけません

いつまで返済をするのか、いくらずつ返済をするのか、なにを財源に返済をするのか、カードローンを利用する前に、しっかりと計画をすることが大事ではないでしょうか。

 

 

気がつけば首が回らない?借りすぎた場合に生活を立て直す方法

気がつけば首が回らない?借りすぎた場合に生活を立て直す方法

公務員の人がここまで話をしてきたとおりになる人が多いかというと、全体的な職員の数からみるとそれほどはいないでしょう。

しかし、現実問題として、ここまで話をしてきたようになる可能性を秘めていますので、しっかりと家計の管理をするように心がけましょう。

カードローンは手軽に利用ができるため、安易に利用をしがちな商品です。

カードローンを計画的に利用をしないために、そこから借金が増えていくということもありますので、注意をして利用をしてください。

そこで、借りすぎてしまって、毎月の返済が大変になってしまった場合は、どうするといいのか、その対策方法としてひとつを紹介します。

 

もし、住宅ローンを借りている場合は、この住宅ローンを上手に利用することが大事です。

住宅ローンは土地、建物を担保として銀行にて抵当に入れます。

担保不足になるかもしれませんが、この土地、建物を別のローンの担保として、ほかの借金をまとめてしまうという方法です。

借り換えを検討するときに、このようなことも銀行に相談をして、住宅ローンのほかに、もうひとつのローンにまとめられることができないか、相談をすると対応してくれる金融機関もでてくるかもしれません。

一般的なローンではないのですが、逃げ道として考えられるひとつの手段になります。

ひとつのローンにまとめることで、返済が少なくなり生活が劇的に変わることがあるでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス