銀行借り入れキャッシング【カードローンの借り入れと個人信用情報の関係は?誰が見ることができる?】

カードローンの借り入れと個人信用情報の関係は?誰が見ることができる?

カードローンを利用すると、信用力が落ちると誤解をしている人がいるようです。

個人信用情報に情報が記録されることが、好ましいことではないと思っている人もいます。

しかし、個人信用情報は自分の社会的信用を、証明する情報でもありますので、カードローンの利用状況によっては、信用力が増すこともあるでしょう。

 

 

カードローンは申し込みをしただけで個人信用情報に登録される

カードローンは申し込みをしただけで個人信用情報に登録される

カードローンは申し込みをすると、審査が行われます。

審査は個人信用情報を利用して、申込人の信用力を確認するでしょう。

カードローンの審査は、お金を返済できるかどうかを判断するための目線で、申込人をチェックするものです。

お金を返済できるかどうかの判断は、収入の状況と、現在の借金の状況および、これまでお金を借りたときの態度で判断されるでしょう。

申込人がカードローンを申し込みしたときに、記入や、インターネットに入力をした情報を元に審査がされます。

申し込みないように、誤りがあれば、正しい審査が行えないようになりますので、間違いのないように、また嘘のないように正確な情報を金融機関に伝える必要があります。

申し込み内容に、不備があった場合は、その時点で信用力が落ちますので、気をつけなければいけません。

 

このような情報を総合的に判断をして、カードローンの申し込みに応じるかどうか、金融機関が判断することになります。

そして、先にも話をした判断をするために用いる、個人信用情報にはカードローンに申し込みをした段階で、情報が登録されるということもあわせて覚えておきましょう。

カードローンの申し込みをすると、個人信用情報の照会が行われますが、この紹介を行ったという情報が登録されるのです。

また、審査が終わり、その結果が個人信用情報に登録されることになっています。

審査に通過したとき、通過しなかったときにだけ個人信用情報に登録されるわけではなく、カードローンの申し込みをした段階で情報が登録されるわけです。

 

クレジットカード、ローン、個人信用情報について

こんばんは、ご多忙の中申し訳ございません。いくつか質問をお聞きにしたいのですが、宜しくお願いします。
経緯:去年マンションの購入しようと思って、ローン審査かけましたが、落ちました。(銀行は総合的な理由でNGでした)と言われましたが、不動産の担当は結果出るのは早かったから、以前金銭面でトラブルはありませんでしたかと聞かれました。こころ当たりはないのですが、その後CIC、JICC、全銀に個人信用情報にて開示しました。結果なにもありませんでした(悪いの)。でもやはり気になって仕方ないです。銀行にて過去の取引履歴をだしてもらったら、約10年にバイクを購入する際に分割払いでした。すぐその会社に電話し確認したところ、未払いがありました。恐らく最後の支払いとその時私が引っ越しの時期が重ねて、かつ郵便転送しなかったのせいで、終わったものと思いました。悪意はなかったですが、自分がしたことだから文句は言いません。
カード会社にしてみれば未払いのは事実です。ただ、私が知らないまま10間過ごしまた。。。後悔です。 

質問としては、
1,もちろん未納に関しては知った翌日にすぐ払いました。「未払いがあるとずっと残ると聞きました」なぜ、その時未払いがあるのに、信用情報機関の開示に記載されなかったでしょうか。(きっと私の開示情報に載っていなかったが、銀行の担当者がその未払いを確認できたですよね。また、支払ってから5年はかかると知り、5年後また家の購入を考えています。万が一また開示の載ってないものがあると怖いです。)もし、決定的な調べる方法がご存知でしたら、ぜひ教えていただけませんでしょうか。

2,そのカード会社からはもう2度とカード作れないでしょうか。(5年後でも?)

宜しくお願い致します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10164017695

 

 

個人信用情報とは?三つの機関を詳しく覚えよう!

個人信用情報とは?三つの機関を詳しく覚えよう!

個人信用情報とは、個人用貸付の情報が蓄積されているものです。

事業用の借金については、対象外となります。

カードローンはもちろん、住宅ローンや、マイカーローン、奨学金などの情報も登録されているでしょう。

そして、登録されている内容は、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先情報など個人の基本的な情報が登録されています。

そのほかに、現在の借入の状況、過去の返済状況、いつ借金をしたのか、いくら借りたのか、延滞をしたのかどうかなど細かな情報が登録されて管理がされているのです。

この、個人信用情報を取り扱いしている、情報機関は三つあります。

 

その三つの機関とは、一般社団法人全国銀行個人信用情報センター(以下全銀センター)、株式会社シー・アイ・シー(以下CIC)、株式会社日本信用情報機構(以下JICC)があります。

一般社団法人全国銀行個人信用情報センター全国銀行協会が運営している、個人信用情報センターになります。

銀行系の融資の情報を取り扱っています。

JICCはCICと同じ貸金業法と割賦販売法に基づく指定信用情報機関で、国から指定を受けているでしょう。

金融機関ごとに信用情報機関が存在していて、全銀センターが銀行、CICが信販会社、JICCが消費者金と棲み分けをしています。

しかし多重債務者の問題や総量規制の問題で、消費者金融と信販会社で情報を共有する必要があったので、今では消費者金融と信販会社で、CICやJICCの情報を利用しているのです。

また、銀行でも審査を強化するため、CICやJICCの情報を利用している銀行もあるでしょう。

総量規制とは、年収の3分の1までしか、お金を借りることができない制限になります。

これは、消費者金融と、信販会社のカードローンに限られたことで、合計の限度額が年収の3分の1とされているのです。

また、多重債務者とは、複数のところからお金を借りて、返済が大変になり、生活が困窮している人をいいます。

 

(1) 総量規制とは

Q2-1. 総量規制とは何ですか?

A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

Q2-2. 貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超えている場合、超えている額をすぐに返済しなければならないのですか?

A2-2. 年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、貸金業者から新規の借入れができなくなるだけで、直ちに年収の3分の1までの返済が求められるわけではありません。契約どおりに返済を続けてください。

Q2-3. 年収の3分の1を超える借入れをすると、借り手が処罰されるのですか?

A2-3. いいえ。年収の3分の1を超える借入れがあるからといって、利用者の皆さんが行政処分を受けたり、刑罰を科されることはありません。

http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

 

 

カードローン以外の消費者ローンの審査に個人信用情報は利用される

カードローン以外の消費者ローンの審査に個人信用情報は利用される

先ほども少し話をしましたが、個人信用情報は、カードローンの審査以外でも利用がされます。

お金を借りる際に、とても重要になる情報です。

住宅ローンや、マイカーローンの審査のときにも、この個人信用情報はしっかりと確認をされることでしょう。

そこで、ネット上ではカードローンの情報が登録されていると、ローンの申し込みのときに不利になるということが、まことしやかにいわれています。

カードローンを保有している、いかにも悪いことのようにいわれていますが、はたして本当のことでしょうか。

 

これは、カードローンでお金を借りる理由が特定されていないためと、カードローンの残高が恒常的にあると、生活費が足りないからだと判断されかねないからなのです。

お金を借りる理由が特定されていないということは、借金の返済でも利用できますし、ギャンブルにも利用ができます。

お金を貸す方から考えると、なににお金を利用したのか分からないのに、残高が減ることなく恒常的にあるのではあまり印象はよくないでしょう。

しかし、カードローンを利用したあとに、しっかりと一旦借りたお金を「0」にしているのであれば、信用力は上がる可能性があります。

計画的にお金を借りることができて、しっかりとした金銭感覚がある人であると、判断をしてくれる可能性があるでしょう。

カードローンの存在だけでなく、収入状況なども加味をして、利用履歴や現在の残高などもあわせて、総合的に判断をして、ローンの審査をしますので、決してカードローンだけが影響をしているわけではないのです。

カードローンがなければ審査に通過する人は確かに存在がするのでしょうが、それは収入を考えて、新たな借金をするとカードローンに手を出す危険性があるということで、審査に落ちている可能性があります。

カードローン単体で悪影響を起こしているわけではないでしょう。

 

 

消費者金融や信販会社は個人信用情報を利用して信用調査を行っている

消費者金融や信販会社は個人信用情報を利用して信用調査を行っている

消費者金融や信販会社は、先ほど話をした総量規制の確認をしなければいけません。

そして、個人信用情報を適切に利用をして、貸しすぎを防止しなければいけないのです。

これは、貸金業法の第1条に記載されています。

カードローンを発行したあとも、申込人の状態が変わっていないか、定期的に確認をして発行しているカードローンが、無理のないものなのかどうか途中審査というものも行っているのです。

 

お金を貸すことを了承しても、時間が経過すれば、申込人の経済状況が変わっている可能性があります。

申し込み後に、届け出ている内容に変更が出た場合は、速やかに金融機関に届け出るようになっていますが、利用をしている全員が正しく報告をするかというと、残念ながらそういうことはないでしょう。

申込人の情報に変わりがないか、ほかの会社からお金を借りていないか、その利用状況などに問題がないかを確認して、返済が危うい人を確認しているのです。

消費者金融や、信販会社は定期的に途中審査というものを行っていますので、勤務先などの情報が変更になったときには特に連絡をしておきましょう。

後日、勤務先の情報に変更があったことを途中審査の段階で分かった場合は、勤務先の確認が取れるまでカードローンを利用できなくなることがあります。

転職したことにより、収入が減る人もいるでしょう。

そのときには、金融機関に報告をすると、利用限度額を減額されるかもしれません。

しかし、報告をしないで止められるよりもいいのではないでしょうか。

 

第一章 総則

(目的)
第一条 この法律は、貸金業が我が国の経済社会において果たす役割にかんがみ、貸金業を営む者について登録制度を実施し、その事業に対し必要な規制を行うとともに、貸金業者の組織する団体を認可する制度を設け、その適正な活動を促進するほか、指定信用情報機関の制度を設けることにより、貸金業を営む者の業務の適正な運営の確保及び資金需要者等の利益の保護を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的とする。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S58/S58HO032.html

 

 

個人信用情報の情報は利用目的が適正に利用されなくてはいけない

個人信用情報の情報は利用目的が適正に利用されなくてはいけない

個人信用情報に登録されると、色々なところで信用調査をされるのではないかと心配になる人もいるようです。

個人信用情報は、誰でも入手できるものではありません。

本人か、会員の人が利用できる情報です。

勤め先で個人信用情報を利用するとか、求人先で面接の際に利用をするなどということは絶対にあり得ません。

金融機関でも職員の身の上調査のためや、資産状況の確認のために個人信用情報を利用することは、断じて禁じられています。

これは、いくら本人から同意を取ったとしても、行ってはいけない行為になります。

このことを破り、情報を利用すると、違反行為をしたことを公表されるでしょう。

また、個人情報保護法により、違法な情報収集をしたことになりますので、法により罰せられることになります。

したがって、企業が自社の人事のために利用をすることは、堅く禁止をされていますので安心をしてください。

 

あくまでも、利用の目的はお金を貸すときの、判断材料としてだけに利用ができますので、そのほかの目的で利用をすることができないようになっています。

本人は情報を取得することが可能ですが、企業に個人信用情報の提出を求められたときは、完全にその行為は違反行為になりますので、訴えることも可能になります。

個人信用情報により、差別を受けることのないように、情報の利用方法はしっかりと定められており、その利用方法はお金を貸すときの判断材料でしか利用ができないとされているのです。

 

5.利用目的の制限
会員は、登録情報を、次の場合にのみ利用することができる。
(1)消費者信用取引における、申込者または顧客の与信判断または与信管理に必要な場合。
(2)消費者本人から会員に対して自己の情報に関する問い合わせ等があり、当該会員が登録した内容を確認する必要がある場合。
(3)CICからの調査依頼やモニタリングへの対応、または当該会員による登録更新結果の確認のために、登録した信用情報の内容を確認する必要がある場合。

http://www.cic.co.jp/joiningcic/memberrule.html

 

 

自分でも個人信用情報に登録された内容を確認ができる

自分でも個人信用情報に登録された内容を確認ができる

個人信用情報は、先にも話をしましたが、自分自身で確認をすることが可能です。

情報を見るには、手数料がかかりますが、郵便で請求ができるようになっています。

昔のカードなどが登録されていると、新たにクレジットカードを申し込みするときに、邪魔になる情報となることもありますので、確認をして見たい人は個人信用情報機関に、情報開示の請求をしてみましょう。

また、変な情報が登録されていないかも確認ができますので、心配な人は一度確認をしてみることをお勧めします。

カードローンや、クレジットカードの審査に通過しない人も、一度内容を確認してみるといいかもしれません。

 

個人信用情報に、自分の情報がどのように登録されているのかしることによって、カードローンの申し込みを有利に進められることもあるでしょう。

自分がどのように情報登録されているのか、ダークな情報はなんなのか、しかりと確認をしておくと、無駄な申し込みをせずともよくなる可能性があります。

一度登録された情報は永久に登録されているわけではありません。

一定の期間が経過すると、情報が消去されます。

情報の種類によって、記録されている期間が異なりますので、いつになったら不都合な情報が消えるのかもしることができますので、一度は確認をしてみるといいかもしれません。






同じカテゴリーの最新の記事



プロミス